• 病院概要
  • 診療案内
  • 当院特色
  • 各種教室・ケア
  • アクセス

看護について

看護体制

新生児を含む入院患者10名に対して、平均1名以上の看護師が常駐して勤務しており、 その 70%以上が正看護師であるという充実の看護体制です。 助産師26名・看護師・準看護師24名を中心とし看護助手を含めると計56名の看護体制で チームナーシングと機能別看護を行っています。

相談窓口

伊集院病院外来棟では看護総合案内係が、入院棟では看護部長または、ルームマネージャーが 皆さまの医療や入院環境などのご不明点やご相談などについて承っています。

日中/夜間 陣痛室(分娩待合室)での1対1看護

陣痛中は一人では不安なもの。その場に、常に助産師や看護職員などが付き添っていたら どんなに心強いことでしょう。そんな思いに応えて、日中や夜間を問わず、常に産婦の力になるよう努めています。

産褥看護

不安なく育児ができるよう、カンガルーケア、母児同室制、各種指導、沐浴演習、おっぱいケア等、 専任の看護師・助産師と一緒に学んでいきます。

24時間対応看護

緊急事態は365日24時間いつでも発生する可能性があります。 当院では、院内の緊急事態に対応するため夜勤の看護師に加え、5~6人が交代で 夜間、宿舎または自宅待機し、10~15分以内に日中と変わらぬ体制がとれます。

事務・コンシェルジュについて

患者さまへの気配り

待合室の患者さまに常に目を配り、体調不良や長くお待ちの方には、診療部に連絡し、声かけを行っています。 また、いつも笑顔を忘れないよう心掛けています。
2010年4月よりコンシェルジュ5名を配置しました。患者さんと診療の橋渡し役としてお気軽に声をかけてください。

書類対応

各書類の基礎知識を高める取り組みに努め、書類変更のたびに即刻その書類に応じた対応をします。 ※ 出産育児一時金、高額医療費、県外妊婦健診補助券等、お気軽にご相談ください。

会計までの待ち時間短縮

診療内容や算定方法を医療改正ごとに把握することはもちろん、オーダリングシステムの活用により、 会計や書類発行をスムーズに進めています。